Homebrew でキャッシュを cleanup する方法

Mac のパッケージマネージャ Homebrew はいったんダウンロードしたフォーミュラをキャッシュとしてローカルに保存してくれます。

$ brew --cache
/Library/Caches/Homebrew

ふだんはこれが便利なのですが、ときどきあえてキャッシュを削除したいことがあります。 そういうときには次のコマンドを使えば OK です。

$ brew cleanup -s

-s オプションは最新バージョンのフォーミュラも含めてキャッシュをクリアするというものです。 ただしインストールされているフォーミュラについては対象外となっています。

インストールされているフォーミュラのものも含めてすべてのキャッシュをクリアしてしまいたい場合は次のコマンドを使用します。

$ rm -rf $(brew --cache)  

その他 --force--prune-n といったコマンドも用意されています。 それらの詳細については man brew で確認することができます。