個人的によく使うパッケージマネージャのパッケージ更新方法まとめ

ウェブ開発の仕事で gem pip npm composer などの パッケージマネージャのお世話になることが多いのですが、サブコマンドがちょっとずつ異なるためよく間違えます。 月に数回は検索している気がするので、個人的なメモとしてよく使うパッケージマネージャのパッケージ更新方法をまとめておきたいと思います。

内容はいずれも 2017 年 7 月時点のものです。

pip (Python)

# 更新を確認
pip list --outdated

# パッケージを更新
pip install --upgrade [package]

gem (Ruby)

# 更新を確認
gem outdated

# パッケージを更新
gem update [package]

npm (Node.js)

# 更新を確認
npm -g outdated

# パッケージを更新
npm -g update [package]

composer (PHP)

# 更新を確認
composer g outdated

# パッケージを更新
composer g update [package]

brew (MacOS)

# 更新を確認
brew outdated

# パッケージを更新
brew upgrade [package]

こうやって見てみると pip は完全な独自路線で、その他はとても似ていることがわかります。