ふだん Markdown を書く技術者のための reStructuredText 文法まとめ

私と同じように、ふだんは Markdown を書いていて、稀に reStructuredText を書きたくなる技術者のための reStructuredText 文法まとめです。

reStructuredText のすべてを網羅するのではなく、あくまでも「 Markdown と同程度の機能を reStructuredText で使いたい」という状況を想定した上でのまとめです。 カバー範囲が限定されています。

reStructuredText を本格的に学びたい場合は次の 2 つのページを参照するのがよいでしょう。

GitHub API v3 でプライベートリポジトリの情報が取れない問題の解決方法

GitHub API v3 を使っているときに、プライベートリポジトリの情報が取得できない問題の解決方法についてです。

問題

Personal access token を取得して GitHub API v3 (REST API) でリポジトリの情報を取得しようとすると、プライベートなリポジトリの情報が返ってきません。 パブリックなリポジトリの情報は問題なく取得できるので、トークンそのものが invalid というわけではありません。

原因

API アクセストークンのアクセススコープの設定の問題です。 デフォルトではプライベートリポジトリへのアクセスが無いようになっていたりするので、適切に変更する必要があります。

サクサク動くブラック企業一覧を作成しました

厚生労働省 ブラック企業リスト

この度、巷で噂の厚生労働省公表の「ブラック企業リスト」を、検索しやすいテーブル形式で公開してみました。

説明

企業の長時間労働の削減への取り組みの一環として、厚生労働省が「労働基準関係法令違反の公表事案」を PDF で定期的に公開しています。

GitHub にリポジトリを追加する方法のパターン別まとめ

GitHub でのリポジトリの作成

GitHub にリポジトリを追加する方法についてパターン別にまとめてみます。

このあたりは Git 歴が短めの方や、 Git には慣れているが GitHub に馴染みの薄い方などには少しわかりづらいところかと思います。 そのような方はぜひ参考にしてみてください。

前提

GitHub アカウントが無いとそもそも GitHub 上のリポジトリは作れないので、 GitHub アカウントがあることを前提とします。

ページ