Drupal 7 でなるべく多くのエラーを画面に表示するための設定

settings.php に次の行を追加します。

error_reporting(-1); 
$conf['error_level'] = 2; 
ini_set('display_errors', TRUE); 
ini_set('display_startup_errors', TRUE);

すると、エラー発生時はなるべく画面に表示することができます。開発用なので本番サイトでは必ず削除するようにしましょう。ネタ元は Definitive guide to Drupal 7 です。

Sublime Text 2 で特定の拡張子のファイルすべてに特定のシンタックスを適用する方法

Views -> Syntax とメニューをたどると、一番上に「 Open all with current extension as... 」という項目があります。ここでいずれかのシンタックスを選択すると、現在アクティブになっているファイルの拡張子のデフォルトシンタックスが選択したものになります。

追記 20171113: Sublime Text 3 のパッケージについてまとめてみました。興味のある方はよろしければご覧になってみてください。

Git コマンドでブランチ名に問題があるときのエラー

エラー

warning: refname 'HEAD' is ambiguous

原因

原因は HEAD という名前のブランチ(あるいはタグ)が作成されていることです。 Git において HEAD は先頭コミットを指す予約語なので HEAD という名前を使うと上記警告が出ます。

対処方法

HEAD という名前のブランチを削除、あるいはリネームすることです。

削除:

$ git branch -d HEAD

リネーム:

Drupal 7 でテーマの .info ファイルのスタイルシートの記述が間違っている場合のエラー

エラー

Warning: Invalid argument supplied for foreach() list_themes() (/path/to/drupal/includes/theme.inc ファイル 803行).

原因 / 対処方法

原因は有効にしているテーマの .info ファイル内のスタイルシートなどの設定が間違っていることです。よくあるのは次のまちがい。正の方に修正してキャッシュをクリアしたら直ります。

誤:

stylesheets[] = css/style.css

正:

highlight.js でハイライトを無効化する方法

クラス名に nohighlight を指定すればハイライトを無効化してくれます。

<pre><code class="nohighlight">ここにコード</code></pre>

Markdown の場合も直接上記のように HTML を直書きすれば大丈夫かと思います。

ページ