Composer で Drush を入れようとしたときのエラー

エラー文

Could not parse version constraint ^2.6.3: Invalid version string

原因

Composer のバージョンが古いために起こるエラーのようです。 私は Composer 0.9-dev で Drush 7.0 を入れようとしたときに発生し Drush を入れることができませんでした。

対処方法

Composer をアップデートします。 Composer は self-update コマンドで Composer 自身をアップデートすることができます。

Drupal 7 の Views で日付フィールドでフィルタリングする方法

Views で日付フィールドの値によってフィルタリングしたい場合があるかと思います。たとえば未来のお知らせだけを表示したい、直近 1 ヶ月のイベントだけを表示したい、など。

今回はそんな「 Drupal の日付フィールドでフィルタリングする方法」をご紹介します。

前提として、 Views モジュールと Date モジュールを有効化しておきます。ただ、これだけの状態では Date フィールドを文字列としてしか扱えないので、日付データとして扱うためには Date Views (date_views) モジュールを有効化する必要があります。これだけで日付フィールドの条件が細かく決められるようになります。

Drupal 7 でテンプレートファイル内で使用できる変数をチェックする方法

Drupal のテンプレートファイルでは多数の変数が使用できるようになっていますが、テーマの継承などを行っていると使える変数が非常に多く「何が使えて何が使えないのかわからない」という状況になりがちです。

変数をチェックするにはテンプレートファイル内で以下のコードを記述するとよいでしょう。

<?php
  dpm(get_defined_vars());
?>

dpm() 関数を利用するには Devel モジュールがインストールされ有効になっている必要があります。

get_defined_vars() は特に Drupal に固有の関数ではなく PHP の組み込みの関数ですが、こういうときに使うとものすごく強力です。

さくらのレンタルサーバーで drush の自動補完がきかない問題の解決方法

さくらインターネットのレンタルサーバーで Drupal を使うときに起こる問題の解決方法についてです。

さくらで Drush をセットアップし自動補完用のスクリプトも読み込むようにしたのに、自動補完がきかないことがあります。 drush コマンドは使えるのに自動補完がきかない、そんな場合には drush コマンド、 drush エイリアスのいずれも認識されていないことが原因の可能性が大きいでしょう。

原因

drush コマンド、 drush エイリアスが認識されていないため。

ページ