Drupal 7 でなるべく多くのエラーを画面に表示するための設定

settings.php に次の行を追加します。

error_reporting(-1); 
$conf['error_level'] = 2; 
ini_set('display_errors', TRUE); 
ini_set('display_startup_errors', TRUE);

すると、エラー発生時はなるべく画面に表示することができます。開発用なので本番サイトでは必ず削除するようにしましょう。ネタ元は Definitive guide to Drupal 7 です。

Git コマンドでブランチ名に問題があるときのエラー

エラー

warning: refname 'HEAD' is ambiguous

原因

原因は HEAD という名前のブランチ(あるいはタグ)が作成されていることです。 Git において HEAD は先頭コミットを指す予約語なので HEAD という名前を使うと上記警告が出ます。

対処方法

HEAD という名前のブランチを削除、あるいはリネームすることです。

削除:

$ git branch -d HEAD

リネーム:

Drupal 7 でテーマの .info ファイルのスタイルシートの記述が間違っている場合のエラー

エラー

Warning: Invalid argument supplied for foreach() list_themes() (/path/to/drupal/includes/theme.inc ファイル 803行).

原因 / 対処方法

原因は有効にしているテーマの .info ファイル内のスタイルシートなどの設定が間違っていることです。よくあるのは次のまちがい。正の方に修正してキャッシュをクリアしたら直ります。

誤:

stylesheets[] = css/style.css

正:

ページ