Drupal 7 の Webform の日付フィールドのフォーマットを変更する方法

Drupal 7 の Webform の日付フィールドはデフォルトでは「 月/日/年 」というフォーマットになっています。 これは日本では馴染みの薄いフォーマットなので、国内のプロジェクトで使用する場合は変更して使う形がほとんどになるかと思います。

明示的な説明がありませんが、こちらを変更するには日付フォーマットの「 short 」(「短い」)のフォーマットを変更すれば OK です。 たとえば「 Y/m/d 」というフォーマットを作成して選択すると日付フィールドが「年月日」( 2015 06 17 )という順番になります。

Drupal 7 の Views で使用すべきテンプレートを特定する方法

Drupal 7 の Views で出力のテンプレートを変更したいことがあるかと思います。

そういう場合にはどこかのテンプレートを実装/上書きする必要があるということはパッとわかるのですが、具体的にどのテンプレートを利用すればよいのかにわかにはわかりません。

そういう場合には、以下の場所で実装/上書きすべきテンプレートを確認することができます。

  • 各 view の設定ページの「 Advanced 」の「 Theme 」の「 Information 」をクリック

Views 設定画面 1

Drupal 7 で DB にレコードを複数行まとめて入れる方法

タイトルのとおり Drupal でレコードを複数行まとめて入れる挿入する方法について。

こちら可能は可能なのですがちゃんと解説しているドキュメントがあまりないようでパッと確認したいときに不便します。メモ代わりに書いておきたいと思います。

おなじみ db_insert() で生成した InsertQuery に対して values() を呼び出せば OK です。

Drupal 7 で DB トランザクションを明示的にコミットする方法

Drupal 7 で DB トランザクションを明示的にコミットする方法について。

Drupal では使用している DB がトランザクションをサポートしている場合は db_transaction() 関数でトランザクションを開始することができます。そして、ロールバックや例外などが発生しないかぎり一連の処理が終了して関数のスコープを抜けるときに自動的にトランザクションがコミットされます。

この自動コミットの仕組みに任せるのではなく、意図的に所定の場所でコミットしたい場合には次のようにすると OK です。 unset() の後に DB 関係の例外が発生しても unset() までの部分はコミット済みとなります。

ページ