ウェブよもやま話

ウェブシステムをウェブフレームワークと CMS のどちらで作るべきか

ウェブシステム開発の際のプラットフォームの選択肢としてウェブアプリケーションフレームワーク(以下「フレームワーク」)と CMS がある場合、どのように使い分けるのがよいのでしょうか。 今回はこの「 フレームワークと CMS の使い分け問題 」についてかんたんに整理してみたいと思います。

フレームワークにも CMS にもさまざまなタイプのものがあり、 CMS 風の機能を備えたフレームワークやその逆パターンも存在するので、「フレームワーク」「 CMS 」で一括りに語るのは乱暴です。 ただ、一括りでも一定のロジックを持っておくと冷静によりよい選択ができる確率が上がるので、やや乱暴なことを承知のうえで書いてみます。 同様の選択肢を持っている方には「確かに」等と思ってもらえるのではないかと思います。

ウェブシステムの自動テストの経済性小話

ウェブシステムの自動テストのコスト感覚について書いてみます。 内容は抽象的な概念論で、かつ、ソフトウェアの世界では遠い昔から言われてきたことの繰り返しにすぎません。

次の図は、ウェブシステム開発における自動テストの価値とコストの関係を表しています。 想定としては、テストコンポーネントが含まれたフルスタックのフレームワークを使った開発をイメージしています。

自動テストの価値とコスト

横軸は「追加開発の量」で縦軸は「金額」です。

サクサク動くブラック企業一覧を更新しました

厚生労働省が、日本の労働環境改善の取り組みの一環で、労働基準に関する法令違反の事案を公表しています。

それを見やすい TSV 形式にまとめている方がいらっしゃるのですが(ありがとうございます)、数ヶ月前にそのデータを使い公表事案の一覧ページを作成しました。

実際のページはこちらです。

サクサク動くブラック企業一覧を作成しました

厚生労働省 ブラック企業リスト

この度、巷で噂の厚生労働省公表の「ブラック企業リスト」を、検索しやすいテーブル形式で公開してみました。

説明

企業の長時間労働の削減への取り組みの一環として、厚生労働省が「労働基準関係法令違反の公表事案」を PDF で定期的に公開しています。

ウェブフレームワークと CMS の特徴と違い

今回は、ウェブ技術者以外の方に向けて、サイト構築に利用される 2 つの技術「ウェブフレームワーク」と「 CMS 」について、その特徴と違いを説明してみます。

最初に「フレームワーク」「 CMS 」それぞれの説明をした後に両者の違いについて見ていきます。

  1. フレームワークとは
  2. CMS とは
  3. フレームワークと CMS の違い

1. フレームワークとは

ウェブの世界で「フレームワーク」というと、一般に ウェブサイト・ウェブシステムを効率的に構築できるライブラリ群 のことを指します。

サイトやシステムの見積もり金額はなぜ業者によって大きくちがうのか

今日はウェブ制作を行う側の立場から ウェブ制作費やシステム開発費の見積もりはなぜ会社によって大きく差が開くのか ということについて書いてみたいと思います。

なぜウェブ制作費用の見積もり金額は会社によって大きくちがうのか。 その理由は細かく数え上げればたくさんありますが、最も影響が大きい要因は次の 3 つになるかと思います。

  1. 想定しているスコープ・品質がちがうから
  2. 単価がちがうから
  3. スピードがちがうから

1. 想定しているスコープ・品質がちがうから

おそらく最大の理由はこちらです。 「 会社によって、想定しているスコープや品質がちがう 」。