Drupal 7 でいったん無効にしたデフォルトのテキストフォーマットを有効化する方法

Drupal 7

今回は Drupal 7 で一度無効化されたデフォルトのテキストフォーマットを再度有効化する方法についてご紹介したいと思います。

Drupal 7 を Standard プロファイルでセットアップした場合、次の 3 つのテキストフォーマットがデフォルトで有効になっています。

  1. Plain text
  2. Filtered HTML
  3. Full HTML

これらのテキストフォーマットは使わない場合は無効化することができますが、いったん無効化すると管理画面上から確認できなくなるため、「やっぱり使おう」と後から思っても管理画面上から再有効化することができません。 幸い裏側では status が無効になっているだけでデータ自体は残っているため以下のコードで再有効化することができます。

db_update('filter_format')
  ->fields(array(
    'status' => 1,
  ))
  ->condition('format', '対象となるテキストフォーマットの名称')
  ->execute();

キャッシュをクリアすると対象のテキストフォーマットがフォーマット一覧ページに再度表示されるようになるかと思います。 このあたりは好みの問題ですが、対象レコードの status カラムの値を変更するだけなので直接データベースにクエリを投げる形でも phpMyAdmin などを使うのでもよいでしょう。

UPDATE filter_format SET status=1 WHERE format="対象となるテキストフォーマットの名称";

参考


アバター
後藤隼人 ( ごとうはやと )GitHubPython

ウェブ制作・開発やマーケティング、プロジェクト支援などをしています。