gotohayato.com

月(ダークモード)
太陽(ライトモード)

Markdown のコードの中にバッククォートを含める方法

Markdown

Markdown でバッククォート( ` )を出力する方法についてです。

インラインコード

インラインの <code> の中でバッククォートを使うには、 外側のバッククォートを 2 つずつにします。

`` `name` ``

出力:

`name`

コードブロック

<pre><code> に相当するコードブロックの中で 3 つのバッククォートを使うには、コードブロック(外側のバッククォート)の数を 4 以上にします。

````md
```js
var greeting = 'Hello'
```
````

出力:

```js
var greeting = 'Hello'
```

もしくは、バッククォートの代わりにチルダ ~ 3 つを使います。

~~~
```js
var greeting = 'Hello'
```
~~~

出力:

```js
var greeting = 'Hello'
```

生の HTML を書くという方法もあるにはありますが、パーサーがうまく処理できないことがあるので、そのアプローチが使えるかどうかはパーサ次第です。

ちなみに、日本語では「バッククォート」という呼び方が主流な気がしますが、英語では backquote よりも backtick と呼ばれることが多いようです。

参考:


hg

後藤隼人 (ごとうはやと)

ウェブ制作・開発やマーケティング、プロジェクト支援などをしています。

githubpython

お知らせ

大阪大学子どものこころの分子統御機構研究センターさんが 10 月 20 日までクラウドファンディングをされています(後藤も少しだけ寄附させていただきました)。
© 2021 gotohayato.com
サイトについてタグアーカイブメッセージを送る