Node.js のパッケージをまとめて最新版にアップデートする方法

JavaScript

Node.js のパッケージをまとめて最新版にアップデートする方法についてです。 npm と Yarn を使った方法をそれぞれ説明します。

npm

記事執筆時点の npm の最新版 7.x には、パッケージをまとめて最新版にアップデートする機能は備わっていません。

代わりに npm-check-updates というパッケージを使うのがよさそうです。

npm-check-updates の使い方をかんたんに説明します。 まず npm-check-updates をグローバルにインストールします。

npm install -g npm-check-updates

npm-check-updates をインストールすると ncu というコマンドが使えるようになります。 ncu コマンドを実行すると、次のような感じで利用可能な最新バージョンを調べて教えてくれます。

ncu
Checking /app/package.json
[====================] 35/35 100%

 gatsby                            ^2.24.9  →    ^3.0.1
 gatsby-plugin-canonical-urls      ^2.3.10  →    ^3.0.0
 gatsby-plugin-catch-links         ^2.3.11  →    ^3.0.0
 gatsby-plugin-feed                ^2.5.11  →    ^3.0.0
 gatsby-plugin-google-analytics    ^2.3.13  →    ^3.0.0
 gatsby-plugin-manifest            ^2.4.20  →    ^3.0.0
 gatsby-plugin-netlify             ^2.3.11  →    ^3.0.0
 gatsby-plugin-nprogress           ^2.3.10  →    ^3.0.0
 gatsby-plugin-offline             ^3.2.20  →    ^4.0.0
 gatsby-plugin-react-helmet        ^3.3.10  →    ^4.0.0
 gatsby-plugin-sharp               ^2.6.21  →    ^3.0.0
 (以下略)

Run ncu -u to upgrade package.json

アップデート対象のパッケージとバージョンを見て問題が無さそうであれば、 ncu -u を実行します。

ncu -u
Upgrading /app/package.json
[====================] 35/35 100%

 gatsby                            ^2.24.9  →    ^3.0.1
 gatsby-plugin-canonical-urls      ^2.3.10  →    ^3.0.0
 gatsby-plugin-catch-links         ^2.3.11  →    ^3.0.0
 gatsby-plugin-feed                ^2.5.11  →    ^3.0.0
 gatsby-plugin-google-analytics    ^2.3.13  →    ^3.0.0
 gatsby-plugin-manifest            ^2.4.20  →    ^3.0.0
 gatsby-plugin-netlify             ^2.3.11  →    ^3.0.0
 gatsby-plugin-nprogress           ^2.3.10  →    ^3.0.0
 gatsby-plugin-offline             ^3.2.20  →    ^4.0.0
 gatsby-plugin-react-helmet        ^3.3.10  →    ^4.0.0
 gatsby-plugin-sharp               ^2.6.21  →    ^3.0.0
 (以下略)

Run npm install to install new versions.

ちなみに、 -u--upgrade の短縮形とのことです:

-u, --upgrade
Overwrite package file with upgraded versions instead of just outputting to console.

ncu -u を実行すると、 package.json に記載された各パッケージのバージョンが最新のものに変更されます。

問題がなければ最後に npm install を実行して、パッケージを更新します。

npm install

Yarn

私の手元の Yarn 1.22.x には yarn upgrade--latest というオプションが用意されているので、これを使用すれば OK です。 便利ですね。

yarn upgrade --latest

アバター
後藤隼人 ( ごとうはやと )GitHubPython

ウェブ制作・開発やマーケティング、プロジェクト支援などをしています。