gotohayato.com

moon indicating dark mode
sun indicating light mode

バリュードメインから Google Domains へのドメイン移管方法

2020/02/20ドメイン管理

バリュードメインから Google Domains にドメインを移管する方法のかんたんなまとめです。

所有するドメインをいくつかバリュードメインから Google Domains に移管したので、そのメモ書きを整理して公開します。 参考にされる際は、この情報は 2020 年 1 月時点のものであり、料金や移管方法は将来的に変更される可能性があることにご注意ください。

説明に入る前の余談として、私の移管の動機とコストについてかんたんに説明します。

移管の動機

  • Google Domains の方が UI がよくて使いやすそう
  • 移管コストも実質無料だし

移管コスト

移管コストは、退出する側のバリュードメインの方は無料で、移管先の Google Domains の方はドメイン 1 年分の利用料と同額の料金がかかります。 ただし、移管が完了すると Google Domains 側にはドメインの登録期間(=有効期限)に 1 年分プラスされて登録されるので、実質無料です。

Google の公式のヘルプでは次のように説明されています:

別の登録事業者から Google Domains にドメインを移管するには、通常、1 年分の登録期間を追加購入する必要があります。この場合、この 1 年分の追加登録費がドメイン移管に伴う唯一の費用となります。

以下本題です。

バリュードメインから Google Domains への移管方法

基本的に公式の説明のとおりに進めるだけです。 特に Google Domains の説明はとてもわかりやすくて、ドメインとは何ぞやというところがちゃんとわかっている方であれば、説明を読めば特に戸惑うことなくスムーズに完了できると思います。

以下全体の流れです。

  1. 【バリュードメイン側】 Auth-code を取得する
  2. 【バリュードメイン側】ドメインロックを利用している場合は解除する
  3. 【バリュードメイン側】 WHOIS 情報公開代行を利用している場合は解除する
  4. 【 Google Domains 側】メニューの「 Transfer 」を選択してウィザードのとおり操作を進める
  5. 【バリュードメイン側】バリュードメインから送られる確認メールのリンクを辿って確認作業を行う

以上で移管は完了です。 ステップ 5 を行った後少し待っていればバリュードメインから「トランスファー申請を承認しました」という旨の通知メールが届くので、それで移管が完了したことがわかります。

事後作業として、バリュードメイン側で当該ドメインがドメイン一覧に残ったままになっているのでその削除を行います。

以下補足です。

  • ステップ 1 の Auth-code は 12 文字前後のランダムな文字列です。バリュードメインの WHOIS 情報変更画面の一番下に記載されています。
  • ステップ 2 と 3 は各サービスを利用していない場合はスキップできます。
  • ステップ 4 ではバリュードメイン側で取得した Auth-code の入力、 DNS レコードの移行設定、クレジットカードでの支払い等を行います。自動で引き継いでもらえないレコードは手作業で登録する必要があります。

以上です。

所要時間については、早ければ、メールの待ち時間を含めても数時間ほどで、わりと早いと私は思います。

ちなみに何が起こるかわからないので、作業前に、元のレコード設定の完全なバックアップを取っておくとよいでしょう。

以上です。

参考:


後藤隼人
ウェブサイト制作・ウェブアプリ開発やマーケティングをしています。
GitHub
© 2020 gotohayato.com
サイトについてタグアーカイブメッセージを送る