Git のリモートリポジトリで削除されたブランチをローカルから削除する方法

Git で、リモートリポジトリで削除済みの不要なブランチをローカルから削除する方法についてです。

早速結論ですが、まさにそのための git remote prune があるのでこれを利用すれば OK です。

git remote prune は次のように使用します。

$ git remote prune [リモート名]

例えば、対象のリモートが origin の場合は次のとおりにします。

$ git remote prune origin
Pruning origin
URL: [リモートリポジトリの URL]
 * [pruned] origin/[削除されたブランチ名 1]
 * [pruned] origin/[削除されたブランチ名 2]

実際の削除処理は行わずに、どのブランチが削除されうるのかだけチェックしたい場合は --dry-run オプションを利用します。

$ git remote prune --dry-run origin
Pruning origin
URL: [リモートリポジトリの URL]
 * [pruned] origin/[削除されたブランチ名 1]
 * [pruned] origin/[削除されたブランチ名 2]