Mac の Finder での非表示ファイルの表示/非表示をコマンドで切り替える方法

ふだん必要となる機会はそうそうないのですが、 Finder で非表示ファイルを表示したくなる場合がときどきあります。

そういったときに Finder の設定からでも設定変更ができますが、コマンドでやれるようにしておくと便利です。 以下のコマンドで「非表示ファイルを表示する設定」に切り替えられます。

$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE
$ killall Finder

元に戻す場合は TRUE の部分を FALSE に変えれば OK です。

以下のように関数にしておくと何かと便利です。

# Finder で非表示ファイルを表示
function finder_show_hidden_files {
  defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE
  killall Finder
  # XtraFinder を使っている場合のみ以下のコマンドも
  open -a XtraFinder
}

function finder_hide_hidden_files {
  defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles FALSE
  killall Finder
  # XtraFinder を使っている場合のみ以下のコマンドも
  open -a XtraFinder
}