git clean のオプションについてのまとめ

Git で最も恐ろしい恐怖のコマンドのひとつ git clean のオプションについてかんたんにまとめておきたいと思います。

git clean のオプション:

  • -d: ディレクトリを削除対象に含める。
  • -f(--force): ファイル削除を強制的に実行する。
  • -i(--interactive): インタラクティブモードでファイルを削除する。
  • -n(--dry-run): ドライラン。ファイルは削除せず、「このコマンドを実行すれば何が削除されるのか」を示すだけ。
  • -q(--quiet): どのファイルが削除されたかは表示せずエラーのみを表示する。
  • -e(--exclude): 対象外のファイルのパターンを指定する。
  • -x: .gitignore$GIT_DIR/info/exclude で指定されているファイルを除外せず削除対象に含める。
  • -X: Git が ignore しているファイルのみを削除対象とする。

いずれにしても、万が一のことがあるといけないので git clean は細心の注意をもって使うのがよさそうです。 みなさんもご注意ください。