サクサク動くブラック企業一覧を更新しました

厚生労働省が、日本の労働環境改善の取り組みの一環で、労働基準に関する法令違反の事案を公表しています。

それを見やすい TSV 形式にまとめている方がいらっしゃるのですが(ありがとうございます)、数ヶ月前にそのデータを使い公表事案の一覧ページを作成しました。

実際のページはこちらです。

実は、厚生労働省公開のリストは毎月更新されていて、それを受けて TSV も更新され続けていたのですが、私が作ったリストでは特定の期間の TSV のみを利用する形になっていて TSV の切り替えができないようになっていました。 今回その TSV の切り替え機能を追加したので、過去のリストも含めてサクサク閲覧できるようになりました。 興味のある方はよろしければご覧ください :)

厚生労働省 ブラック企業リスト

1 点お断りですが、厚生労働省によるこのリストの公開目的はすでに違反をした企業に対する制裁ではなくあくまでも遵法意識の啓発とのことなので、閲覧や利用される際にはそのあたりにご配慮いただければと思います。

相対的には現代の日本は恵まれている環境だと思いますが、私が関わるウェブ制作業界でもその他の業界でも、めちゃくちゃなことが行われているのをまだまだよく見聞きします。 よい会社が増えてそうでない会社が淘汰されていくことを願います。

その他背景情報については公開時の記事をご参照ください。

技術詳細については、かんたんな説明もあわせて GitHub にソースコードを公開しているのでそちらをご覧ください。

最後にひとつ技術周りの余談です。 GitHub の生ファイルにアクセスできる raw.githubusercontent.com ドメインは CORS ポリシー宣言の Access-Control-Allow-Origin ヘッダが Access-Control-Allow-Origin: * となっており、どのドメインからでもファイルを非同期に取得できるようになっています。 知っている人にとっては今更なことかもしれないのですが、私はこのあたりの事情を知らなかったので、今回 GitHub Pages が想像以上に便利なことに気づいて大変驚いた次第です。