サクサク動くブラック企業一覧を作成しました

厚生労働省 ブラック企業リスト

この度、巷で噂の厚生労働省公表の「ブラック企業リスト」を、検索しやすいテーブル形式で公開してみました。

説明

企業の長時間労働の削減への取り組みの一環として、厚生労働省が「労働基準関係法令違反の公表事案」を PDF で定期的に公開しています。

このリストに対して厚生労働省は「ブラック企業」ということばを使っていませんが、このリストは実質政府公認の「ブラック企業リスト」(?)として、各メディアサイトに取り上げられたりもしています。

この情報を nyampire さん らが tsv 形式にし GitHub リポジトリ にまとめていらっしゃった ので、今回そのデータを拝借して HTML テーブル化してみました。

今回の公開データの対象期間は 2017 年 2 月 から 2018 年 1 月です。

サイトは Vue.js + vue-router ベースのかんたんなシングルページアプリケーションになっており、ページ遷移なしで素早くブラック企業を検索することができます。 操作方法については、ページ内のテーブルの各行をクリックすると詳細ページ(正確には「詳細ビュー」)が開きます。 詳細ページではキーボードの左右キー(←→)で隣の詳細ページに移動できるようになっています。

ちなみに、ホスティングは GitHub Pages なので、データベースは使用しておらず tsv をそのまま webpack でビルドして js コード内に入れ込んでいるだけです。 コードのライセンスは、 tsv データ以外は MIT です。 tsv データのライセンスだけは、データ元の nyampire さんのリポジトリに准じます。 その他、補足説明の README やソースコードは GitHub に置いてあるので、興味のある方はそちらもご覧になってみてください。

リストの内容に関して言うと、労災事故関係の企業の数が多いため、 IT 業界の方が「 IT 業界のブラック企業がたくさん掲載されていること」を期待して見るとがっかり(?)するかもしれません。 IT 関係のブラック企業はあまりリストに載っていません。

そのようなリストの読み方・解釈については次のページの解説が鋭くてとてもわかりやすいです。 リストそのものに興味のある方はこちらもご覧になってみてください。

日本はこれから超高齢化社会の非常に厳しい時代に入っていきますが、せめて、こういった取り組みや声が盛り上がって、人を大切にするよい会社が少しでも増えていくといいですね。

追記 2018/06/12:

一覧を更新しました。