2017 年リリースのスター 1 万越え GitHub リポジトリ

GitHub popular repositories 2017

早いもので 2017 年もあとわずかですね。

今年のソフトウェア関連のトレンドを振り返ってみようと思いたち、年内リリースの GitHub 人気リポジトリについて興味を持ち、調べてみました。

具体的には、「リポジトリの作成日が 2017 年」で、「スター数が 10,000 個以上」という条件でリポジトリを検索し、次のページにリストアップしてみました。

興味のある方はご覧になってみてください。

お断り

もともとあったソフトウェアが 2017 年に GitHub に移設されたケース( = CPython )も含まれており、また、年内の GitHub スター数とトレンドには「正の相関がある」程度にすぎないと思うので、厳密な意味での 2017 年のトレンドがこれでわかるわけではないかと思います。

また、当然ですが、 2017 年末に集計している関係で、年の後半に作成されたリポジトリはスター数が少ない(このリストに載らない)傾向にあるので、参考にする際にはご注意ください。

統計など

統計的には、該当するリポジトリは合計 22 個あり、言語別の内訳は次のようになっていました。

  • 8 JavaScript
  • 2 Python
  • 1 Java
  • 1 Kotlin
  • 1 TypeScript
  • 9 その他

このあたりの傾向は 10 月に公開された 2017 年の The State of the Octoverse からもわかります。

現状「 GitHub の半分以上が JavaScript 」な状態で、引き続き JavaScript がとにかくいい感じ(?)なことがわかります。

情報の取得方法

この「 2017 年にリリースされたスターの多いリポジトリ一覧」は GitHub の検索窓に次のように入力すると誰でも確認ができるものなので、興味のある方は試してみてください。

stars:10000..* created:2017-01-01..2017-12-31

GitHub repositories search

もちろん、 GitHub REST API でも取得できるので、もっと大量のリストを見たい、統計処理をしたい、といった方はそちらを使うとよいかと思います。

リクエストの回数制限などはありますが、ちょろっと検索するだけであればトークンなしで使えます。

$ http https://api.github.com/search/repositories?q="stars:10000..* created:2017-01-01..2017-12-31"

リポジトリの検索方法に関する説明はこのあたりに載っているので、興味のある方は参考にしてください。

言語によっては API アクセス用のライブラリが作られていたりもするので、 API を使うことを検討している方は先にそのようなライブラリが無いか確認するのがよいかと思います。

私は今回 Python の PyGithub というものを使いました。