Mac で複数の URL をまとめて開く方法

Mac で複数の URL (ウェブページ)をまとめて開く方法をご紹介します。

1 行 1 URL の形で数件の URL があった場合にそれらをまとめて開きたくなることが、ウェブ関連の仕事に携わっている方であればあるものと思います。 私の場合は、サイトマップをスプレッドシートで作ったときによくこの状況に遭遇します。

いろんな方法があるかと思いますが、おすすめなのは、クリップボードと Automator を使った方法です。 利用手順は次のとおりです。

  1. Automator で、「クリップボードに貼り付けれらた URL 一覧をブラウザで開くアプリケーション」を書く
  2. URL 一覧をコピーして Alfred などのローンチャツールを使って 1 のアプリケーションを呼び出す

1 の Automator のアプリケーションの設定は次のキャプチャのとおりにするとよいかと思います。

$ xargs -I {} open {}

ステップ 1 は最初の一度だけ行えばよく、その後はステップ 2 だけで繰り返し利用することができます。

ちなみに、ページ内の「 Display Notification 」の部分は通知センターを使った遊びなので、必須ではありません。

また、open コマンドを使っているので、 URL だけでなく(フルパスで指定された)ローカルのファイルをまとめて開きたいときなんかにもこの方法は使うことができます。

注意点は、あまりに大量の URL を一気に開こうとするとメモリ的に辛いことがあることです。 私の環境では 30 件ぐらい一気に開くともっさりします。 一度に開ける回数に上限を設定してもよいと思いますが、私の場合はただ注意するだけで回避できる問題なので特に設けたりはしてはいません。

サイトマップや確認ページ一覧、アクセスレポートなどの URL 一覧シートをよく使う方は参考にしてみてください。